国内有名温泉地

北海道の最後の夜は登別温泉で、、、

自然が広がる北海道、北海道へ温泉旅行に出かけるとしたら、あなたはどこへ行きますか?

北海道の温泉地と言いますと、東から屈斜路湖・摩周湖温泉、十勝川温泉、層雲峡温泉、登別温泉、洞爺湖温泉、ニセコ温泉、湯の川温泉など、代表的な温泉が上がります。

どの温泉地も温泉を楽しむには十分なところでして、北海道の広い自然や食べ物と合わせて十分に満足できる温泉旅行が出来ると思います。

その中でも北海道の温泉ランキングの一位として上げられるのが登別温泉ですね。

登別温泉の良いところの一つは、新千歳空港やJR札幌駅などからアクセスが便利だということです。

そして、一年中観光客が訪れるのと同時に地元の人達にも親しまれています。

大手旅行会社の北海道旅行のツアーを見ますと、北海道を三日間や四日間で周遊するコースが多いですよね。

登別温泉は、そういうツアーのコースにだいたい入っているのです。

そして、広い北海道を廻って旅の疲れを最終日に癒すのに、登別温泉を利用しての宿泊をするという企画が自然と人気が集まるのだそうです。

登別温泉の泉質は、食塩泉.硫黄泉.重曹泉.酸性泉.明礬泉.緑礬泉.石膏泉.芒硝泉.鉄泉の9種類(登別観光協会のウェブページより)だそうで、効能は冷え性や糖尿病、運動器障害、更年期障害、発育不全、神経症などに良いそうです。

登別温泉のお勧め温泉宿は、第一滝本館登別石水亭でしょう。

第一滝本館には、温泉天国と呼ばれる7つの泉質を楽しむお風呂があります。

湯踊ダンス会が開催されるなど、旅の疲れを癒すと共に楽しいひと時を過ごすことが出来、北海道の最後の夜の思い出になると思います。

料理についても季節ごとのお勧め食事プラン、宿泊プランも多種多様にあって充実しています。

登別石水亭をお薦めとする理由は、登別の大自然を温泉に浸かりながら満喫することができる空中大浴場があることです。

登別の温泉宿は旅行者向けプランばかりではなく、日帰り入浴のプランもあるのです。

日帰りでも食事つきのプランもありますから、極上の一日を過ごすことができるのではないでしょうか?

登別には有名な熊牧場がありますから、ご夫婦・カップルにも良いですし、おじいちゃん・おばあちゃん家族皆で楽しむことができます。

北海道の冬は厳しいですが、湯煙の上がる秋から冬の登別では、雪景色の中、温かい温泉で疲れをとるのに丁度適しています。

そんな雪景色を見ながら、春の桜が咲く頃を待ちわびるというのも如何でしょうか?

春の桜が満開になっているのを眺めながら温泉に浸かる、これも特上の贅沢でしょう。

北海道を旅行するのに季節を選ぶ必要はないです。

そして、北海道の最後の夜として、登別温泉に立ち寄って疲れを癒し明日の活力としては如何ですか?

国内有名温泉地

北海道は道東に旅行するなら川湯温泉で、、、

日本のどこかを旅行したいとして地名を上げるとするならば、まずベスト3に入ってくる地が北海道ですね。

南が沖縄で北が北海道。

北海道はとても広く、一週間かけても十分に楽しめ無いかも知れないです。

なので、場所を絞りたいですね。

北海道でお勧めしたいは、摩周湖や屈斜路湖のふもとにある川湯温泉です。

温泉通の人なら誰でも知っている川湯温泉なのですが、全国区ではもう一つなのです。

その川湯温泉なのですが、泉質は硫黄泉。

川湯温泉のすごいのは、どこを掘っても温泉が湧き出てくるところです。

北海道を代表する情緒豊かな湯煙の立つ温泉街でもあります。

川湯温泉は弟子屈というところにあり、北海道にあるたくさんの温泉の中でもより自然に囲まれていまして、温泉街からちょっとでますとただ自然が広がるだけです。

そこがまた良いところでもあり、自然の中にある川湯温泉の一番の特徴と言えると思います。

例年、12月20日からダイヤモンドダストIN KAWAYUという素敵なイルミネージョンが温泉地を彩ります。

川湯温泉には川湯温泉街とJR川湯温泉駅の2箇所に無料の足湯がありますので、足湯好きの人におすすめしたいです。

川湯温泉街は10軒以上の旅館・宿・ホテルがあり日帰り入浴ができますので、宿の温泉はしごをしてみるのも楽しいでしょう。

また、川湯温泉のある弟子屈は不滅の名横綱とたたえられる第48代横綱大鵬の出身地でもあり、相撲記念館がありますのでぜひ立ち寄りたいところです。

川湯温泉へのアクセスは、女満別空港や釧路空港、中標津空港からJRとタクシーを乗り継いで行くのが良いです。

北海道の道東は冬の来るのが早いので、11月には道路の通行止めの箇所が出て来ますので、クルマでの移動には注意が必要です。

硫黄山や摩周湖、屈斜路湖をはじめとして周りにはたくさんの観光名所がありますので、入浴はもちろんのことじっくりと北海道を楽しみたいものです。

夏には、夏休みのほとんどの時期に源泉まつりが行われ、縁日を楽しめますので家族で行くのも良いですね。

川湯温泉の近くの摩周湖、屈斜路湖にも温泉がありますので、それぞれで宿泊しながら北海道の道東の温泉巡りをするのも楽しいでしょう。

北海道の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)

国内有名温泉地

北海道の温泉を楽しむ

夏の北海道は、梅雨のシーズンと秋が一番ですね。

特に8月のお盆前後の北海道は、北海道の味を楽しむ人にとっては、物足りない時期です。

そして、9月に入り秋の心地良い風に吹かれる頃が、北海道の味を楽しむ時期に入ります。

北海道の秋は短いですが、この短い秋が一番過ごし易いかもしれませんね。

大抵、北海道に旅行しようと思う人は、緑一色やラベンダー畑の紫の平原を思い浮かべることでしょう。

北海道への旅行パンフレットを見ても、そういった写真が一面を飾ります。

しかし、北海道の温泉もお勧めしたいところがたくさんあります。

日本の最北端にある北海道ですから、気候は寒いです。

それゆえ、温泉は地元の人達も好んで入りますので、北海道に住む人達と親しく楽しむなら、温泉に入るのが一番だとも言えます。

そんな北海道の温泉の中で、一番人気の温泉は、やはり登別温泉ですね。

登別温泉の楽しみは、温泉以外では熊牧場です。

北海道旅行ツアーの中には、大抵組み込まれています。

函館からも札幌からもアクセスが良いところが、人気の秘密とも言えます。

北海道の動物と言えば、キタキツネとともにヒグマですものね。

そして、二番人気は、有珠山と昭和新山の近くの洞爺湖温泉となります。

冬場、北海道はとても寒く雪も多いですが、ここ洞爺湖温泉は、雪も少なく素晴らしい景色を眺めながら入浴ができるので、冬の北海道を楽しむ方にお勧めです。

それから、札幌から近い定山渓温泉や、北海道の自然を楽しむ第一候補の大雪山連邦の層雲峡温泉など、北海道の温泉をじっくり楽しめます。

その他では、スキーで北海道に行くならニセコ温泉郷も良いですね。

函館空港から近い湯の川温泉も人気のスポットです。

阿寒湖温泉、ウトロ温泉、帯広にある十勝川温泉、川湯温泉など、広い北海道にはたくさんの温泉地があります。

北海道は温泉の宝庫ですね。

北海道の味を楽しむなら短い夏が一番ですが、冬の寒い季節でも、北海道の自然を味わえる温泉地があり、雄大さを味わえることでしょう。

北海道のスキーを楽しむと同時に、あちこちの温泉めぐりをして見ると、その楽しみが倍増することでしょう。

ちなみ、北海道の温泉の効能ですが、皮膚病に効く温泉、糖尿病に効く温泉など、さまざまありますから、身体の症状と相談して温泉地を決めてみるのも良いですね。

美人の湯として有名な十勝川温泉もありますから、美肌を目指すなら、お勧めの温泉地ですね。

北海道の冬の自然を楽しみながらの温泉も素敵ですし、秋の北海道の味を楽しんで、温泉三昧と言うのも日ごろの疲れをしっかりと取ってくれることでしょう。

アフリカ 世界遺産

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街の賑わい

北アフリカにあるモロッコ王国にも、本当に素晴らしい世界遺産があります。

モロッコの首都は、ラバトです。

モロッコと言えば、映画カサブランカで有名なのですが、マラケシュも観光で有名な都市だと言えます。

今回、紹介するのは、モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街です。

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街というのは、モロッコ王国の真ん中にある国内第二の都市マラケシュという場所にあります。

このマラケシュという名前は、山岳地帯で使われているベルベル語では、神様の国と言う意味があるのだそうです。

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街は、モロッコの中ではカサブランカの次に古い町として知られているようです。

ちなみに、第一の都市カサブランカの人口は367万人で、首都ラバトが120万人です。

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街の広さは、6キロ平米くらいで、それほど広くはありません。

その旧市街を城壁で囲んである街と、西の方に広い新しい街の二つの街から成り立っています。

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街の素晴らしさは、現地に行き観光してみるのが一番ではあります。

旧市街はとても狭い路地のような場所に、迷路のように色々な建物が立ち並んでいるのです。

そして、そのどの建物も歴史的に有名な建造物ばかりなのです。

世界遺産に登録されたモロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街の中でも、ジャマエルフナ広場は昔から栄えた場所なのです。

現在でも街並みには屋台が立ち並んでいて、大道芸人たちが毎日色々な芸を披露していて、それを見ているだけでも十分に楽しめます。

ですから自然とジャマエルフナ広場は賑うようになっています。

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街の良いところは、この自然と賑う雰囲気を残しながら、この場所自体を世界遺産として認定しているところだと言えます。

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街へ観光として行く日本人も多いので、各旅行社からツアーなども用意されています。

行った方たちのほとんどが、その広場の人の多さや、賑わいに驚くのではないでしょうか?

その賑わいの雰囲気、空間自体が、モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街なのです。

アフリカ 世界遺産

世界遺産アルジェのカスバの郷愁

アルジェリア民主人民共和国という国を知っていますでしょうか?

どこにあるかと言いますと、北アフリカにあり、地中海に一部面していますが、国土の大部分をサハラ砂漠が占め、乾燥した平原地帯が広がり、人口の95%が地中海に面している地域に集中しています。

地中海に面した北部地域は、典型的な地中海性気候で、大変過ごしやすいところでもあります。

そのアルジェリア民主人民共和国の首都のアルジェにある世界遺産カスバについて紹介して見たいと思います。

北アフリカのアルジェリア民主人民共和国にある世界遺産ってどんなものなのか、興味津々と言うところですが、この世界遺産アルジェのカスバというのは、1992年に世界遺産として登録されました。

実際に私もアルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバへは行ったことがありませんから、その光景を見たことはありません。

しかし、インターネットによるアルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバの写真を見るかぎり、とても素敵な町並みだと思います。

1990年台に、イスラム原理主義過激派たちのテロ活動で観光客が激減したのですが、2000年代に入り回復してきてはいるようですが、最盛期と比べますとまだまだのようです。

日本の外務省の海外安全情報でも、未だにアルジェリア民主人民共和国全域が危険区域とされているようです。

危険区域であるとはされているものの、世界遺産アルジェのカスバの写真を見る限り、大変に美しいものです。

アルジェの市街というのは、長い間、イスラム教国家の支配下にありましたが、19世紀半ばにフランスの植民地となり、1962年にフランスから独立して、アルジェリア民主人民共和国が成立しました。

アルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバにつけられているカスバというのは、アラビア語で要塞という意味があり、オスマン帝国領下の16世紀において建設されたものです。

世界遺産アルジェのカスバは、要塞という意味をもちながら、今日少しづつ廃墟となりつつありますが、その雰囲気はあやしくも、そして魅力あふれる建造物なのです。

気候のよさも手伝い、世界中の人々がここを訪れて、その素晴らしさに魅了されました。

アルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバは、もともと16世紀に海賊がこの町を侵略したことからとても着飾った街として知られていたのです。

その後、フランスに植民地にされてから、アルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバの面影はそのままながらも、町並みはフランスの感じに変えられて行ってしまったようです。

アルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバは今も人々が住んではいますが、年々減っているのだそうです。

ヨーロッパ 世界遺産

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群に歴史の深みを感じる

西洋文化と東洋文化に接するトルコは、非常に長く古い歴史を持つ国である。

中でも、世界遺産に登録されているイスタンブール歴史地域やトロイの考古遺跡は、非常に有名であるが、今回、紹介するトルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群も、自然や人間の美、信仰の素晴らしさを十分に感じさせるものである。

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群は、あまり知られてはいないが、キリスト教に関心のある方ならずとも、一度は行ってみたい世界遺産でオススメである。

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群という、このあまり聞いたことの無い名称はどこにあるのかと言いますと、トルコの中部に当たるネヴシェヒール地方と呼ばれる場所のアナトリア高原にあります。

トルコは、高地および山地の多い国で、標高の平均が1,132mと非常に高く、北部と南部に高い山が多くあります。

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群は、エルジェス山、ハサンダウ山が噴火して灰石が堆積し、その後、風化したり侵食したりを何度も何度も繰り返して、できた地形だといわれています。

また、ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群が世界遺産として登録された理由として、ただ自然の美しさだけではありません。

4世紀ごろに、ローマ帝国から迫害され逃げてきたキリスト教の信者たちが、横穴式に掘り、修道院や教会を作ったのですが、その素晴らしさでも有名なのです。

そして、その修道院や教会の数は、実に360もあるのだそうです。

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群は、トルコの世界遺産の中でも特に人気のあるスポットになっているのです。

たくさんの聖堂の中には、とても色鮮やかなフレスコ画と呼ばれるビザンチン様式の壁画も残されていて、見る者を圧倒する素晴らしさがあります。

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群の地域には、オオカミやキツネといった野生の動物が多数生息していることでも有名です。

また、野生の動物ばかりでなく、100種類以上の植物も生えていることから、トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群地域はとても貴重な動植物の生息地としても知られている場所なのです。

トルコの観光ツアーなどで、世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群へのツアーが紹介されていますので、一度訪れてみることをオススメします。

ヨーロッパ 世界遺産

魅惑の世界遺産イスタンブールへ

イスタンブール、それは西洋の文化と東洋の文化が交じり合い、一つの大きな歴史的文化圏を作っている都市。

トルコ共和国のボスポラス海峡のアジア側の部分とヨーロッパ側の部分の両岸地域が、イスタンブールに該当する。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域は、ヨーロッパの歴史において欠かせない地域なのである。

世界史の中においても華々しく登場するトルコの世界遺産イスタンブール歴史地域は、世界遺産の中でも分類的には文化遺産となていますが、1985年に世界遺産として登録され、名実共にその素晴らしさが後世に残されることになりました。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域はアジアとヨーロッパが接する街でもあることから、古くはローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマントルコ帝国と言う3つの世界にまたがる帝国の首都として栄えていた時期もありました。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域がある場所は、トルコの北西部のイスタンブールにあります。

このイスタンブールは、トルコの中では一番大きな商業都市であります。

東ローマ帝国時代には、コンスタンティノポリス(コンスタンティノープル)という名前でしたが、オスマントルコの首都にもなってからは、今の名称であるイスタンブールという名前となり、絶えず繁栄して来た街でもあります。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域には博物館や教会、モスクや市場などいろいろな魅力あふれる場所がたくさんあります。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域は文明が発祥した場所としても有名な場所でとても歴史が深く、世界遺産として認定された魅力がよくわかる場所です。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域への海外ツアーは、色々と旅行社において企画されています。

世界中からたくさんの観光客が集まりますが、日本人観光客もトルコの世界遺産イスタンブール歴史地域の魅力に惹かれて、たくさんの人が訪れています。

特にイスタンブールの素晴らしさの一つが、夕暮れのボスポラス海峡から見える夕日の光景だと言われています。

ビザンティン建築の精華が現れたスレイマニエ・モスク、ヴァレンス水道橋やハギア・ソフィア大聖堂など、自然の眺めはもちろんのこと、歴史的建築物も大変素晴らしいものがあります。

東洋と西洋の文化が融合した素晴らしい世界遺産イスタンブール歴史地域に観光旅行してみたいと思います。

ヨーロッパ 世界遺産

ロシアの観光は、サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群で決まり

ロシアには、世界遺産となっている地域や建造物などが、現在、23箇所ほどありますが、中でもサンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群は、1990年に登録がなされ、ロシアの観光地としても大変に人気があるところの一つでもあります。

ロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群について、少し紹介したいと思います。

皆さんは、ロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群に関する写真や、テレビなどでその姿を見たことがあるでしょうか?

もちろん、ネット上でその姿をたくさんの写真で見ることができますが、写真ではあらわしきれない素晴らしさがありますね。

私自身、ロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群へは実際に観光旅行をしたことが無いので、その素晴らしさをうまく表現はできませんが、建物やその地区の偉大さや美しさは、目を見張るものがあるようです。

ロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群というのは、1703年にバールチックの海に臨む町として作られたのが始まりで、その後200年間、ロシア帝国の首都として栄えた場所でもあります。

つまり、ロマノフ王朝の遺産がそこにあるといっても過言ではないかもしれません。

サンクト・ペテルブルグは、ソ連が誕生した場所としても有名ですね。

また、北のベニスというような呼び方もしばしばされていて、運河がとても素敵な場所なのだそうです。

ロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群の街の至る所において、イタリアのベニス同様に運河が流れているので、遊覧船での観光がとても素敵な街なのです。

皆さんは白夜と言うのを知っているかと思いますが、ロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群が百夜の時期にはいると、真白な建物がとても映え、大変に美しい光景を見ることができるのです。

ロシアに観光旅行するなら、この世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群に行くべきでしょう。

海外旅行代理店のツアーには、このロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群を見るためのツアーが大体ありますので、チェックしてみてください。

日本からも多くの観光客がこの地と建造物を見るために訪れていますし、世界各国からもたくさんの方が訪れています。

世界遺産をめぐる観光として、サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群は、はずせないでしょう。

ヨーロッパ 世界遺産

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

フランスには、世界遺産として登録されている建造物は目白押しで、2008年現在で、実に27箇所もあります。

日本の世界遺産となっている建造物や自然が、14箇所であるのと比較してみますと、国土の広さを考えてみますと、いかに多いかが分かるかと思います。

そして、その建造物がキリスト教会の建物が多いことを見ると、フランスにおいて、いかにキリスト教が栄えたかが分かると思います。

そのフランスの世界遺産の一つである、ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿を取り上げてみようと思います。

この世界遺産は、フランスの世界遺産の中でも、大変に長い名前として知られています。

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿において、ランスのノートルダム宮殿ですが、こちらはゴシック様式のとても素敵な大聖堂で、見る人の目を楽しませてくれるとても大きく素晴らしい世界遺産です。

三つの建物の中でも、ノートルダム大聖堂は日本でもなじみの建物だと思います。

そして、ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の中のサン=レミ聖堂というのは、西暦1000年ごろに建てられたといわれているバシリカ式の教会堂です。

ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の最後はトー宮殿ですが、こちらは1498年から1509年ごろに建てられたものです。

この宮殿は、キリスト教の大司教のための家で、今は国立博物館として利用されているとのことです。

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿は、フランスの観光スポットしての世界遺産の中でも、特に人気のあるスポットです。

フランスの世界遺産を見たいと思っている人の多くが、ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の三つの建物を見るために世界中から訪れると言っても過言ではないほどです。

実際、ネット上でフランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿を検索してみますと、たくさんの写真を掲載したサイトが見つかります。

そして、どの写真を見ても、素晴らしい建物であり、素晴らしい遺品であることが伝わって来ます。

現物を見れたなら、もっと感動することでしょう。

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の三つの建物それぞれが、とても趣のある建物であることは言うまでも無く、当時の様式などを十分楽しむことができる世界遺産であることを写真を通してでも十分に分かることでしょう。

フランスの世界遺産であるノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の建物や遺品を見てみたいものです。

フランスの世界遺産を観光するツアーには、かならずノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿は入っていることでしょう。

ヨーロッパ 世界遺産

世界遺産モンサンミシェルは人類の叡智の結晶

世界遺産というのは、世界中にあるわけですが、今回はヨーロッパの代表的な世界遺産を取り上げてみたいと思います。

フランスはバカンスの国として知られていますが、フランスに旅行するなら、世界遺産モンサンミシェルとその湾を観光しておくことを強くオススメします。

なんと言っても素晴らしいですから、、、

フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾というのは、フランスのどこら辺にあるのかと言いますと、北西部にあるノルマンディー地方という場所にあります。

ノルマンディーと聞きますと、戦争映画の好きな人ですと第2次世界大戦を思い浮かべる人もいるかもしれません。

その湾というところは、とても広い範囲にわたる干潟になっていて、その中に突然あらわれ岩山があります。

その岩山の小高い場所に、とても高い塔をもっている修道院モンサンミシェルと、その周りには所狭しと建っている建物があり、これは海上のピラミッドという名前も付けられているくらいのとても特徴ある光景になっています。

フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾は、この建物や岩山、その周りの湾も含めて世界遺産として登録されているのです。

春と秋の毎年二回のシーズンには、フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾の干潟が満潮時に海に沈むようになり、その海に沈んだ光景というのは、大変に素晴らしい絶景といわれています。

この春と秋の2つのシーズンを狙って、フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾を観に行くのがコツであると言えますね。

フランスの世界遺産モンサンミシェルは、天使ミカエルが舞いおりた島とも伝えられていて、奇跡の島という名前も付けられほどの場所です。

中世時代から今日に至るまで、たくさんの巡礼者が来られています。

キリスト教信者ならずとも、モンサンミシェルの素晴らしさを楽し見たいものです。

フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾の素晴らしさは、写真で見ても素晴らしいのがわかりますが、やはり実際に見てこそ、世界遺産にふさわしいとより強く感じると思います。

自然と建物の絶妙な光景を目の当たりにした時の素晴らしさは、来訪者の心を掴んで離しません。

そのおかげか、今も多くの人が毎年訪れているのです。

本当に、フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾の魅力は、一言で語り尽くせないのです。

フランスには世界遺産となっているところは全部で27ありますが、このモンサンミシェルとその湾は特に代表的な世界遺産ではないでしょうか?

フランスに旅行へ行くなら、ぜひ訪問してみてください。

本当に素晴らしいですから。

  1 2 3 4  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。