旅行はいつも心わくわく > 旅行 ローカル線 > ローカル線で行く旅行の魅力とは?

旅行 ローカル線

ローカル線で行く旅行の魅力とは?

季節を問わず、地方の名もないところに旅行へ行きますと必ずといって良いほど、いわゆるローカル線が走っています。
ローカル線においては複線よりも単線が多いのですが、走っているのかどうかも分からないレールを見るだけでもわくわくしてきますし、ましてや電車に揺られるようなら、昔懐かしいふるさとを思い出させてくれ、楽しい旅行になります。

ところでローカル線の意味は、いわゆる小規模な地域内輸送や、地域間輸送の鉄道路線及び道路・航路のことを指しています。

また、ローカル線の中には地域の足としての利用はもちろんですが、ローカル線を観光地の鉄道として知られているものもあり、存在そのものが貴重となっているものが数多くあり、鉄道ファンならずとも楽しいものがあります。

山あいの風光明媚な区間を走る山岳鉄道は、眺望を楽しむにはもってこいですし、複線での本線ではすでに旧式化され使用されなくなった年代物の車両は、鉄道ファンに垂涎のものもあることでしょう。

もちろん、蒸気機関車を走らせている地域もあり、鉄道ファンでなくとも見るだけでもわくわくします。

そんな年代物の車両などにおいては、普段利用している味気ない通勤電車では決して味わうことのできない風情と景色があり、郷愁を感じさせます。

廃止されているものも多くありますが、北は北海道から南は九州までいろいろな各路線のローカル線があり、古びた駅舎、古き良き日本が残る沿線風景と、写真片手に出かけていきたくなります。

そんな郷愁一杯に誘う魅力が、ローカル線にはたくさん残っていますね。

その中でも特に紹介したいのは、北海道のローカル線。

宗谷本線は旭川、稚内を走る全長259.4kmのローカル線。
この宗谷本線は、日本最北端路線で大変に人気があります。

そして、北海道において最も誇れるローカル線、釧網本線。
釧網本線も、鉄道ファンならずとも大変人気が高いローカル線です。

網走、東釧路を走る166.2kmの釧網本線は、北海道の四季折々の絶景を楽しむことができることで有名で、特に冬の風物詩『三白』と呼ばれているタンチョウヅル、オオハクチョウ、流氷、このすべての風物詩が、この釧網本線の車窓からすべて鑑賞でき、まさに走る眺望列車と言っても過言ではないです。

また、トロッコ列車『ノロッコ号』で釧網本線をゆっくり渡るのも、北海道の冬の醍醐味。
一度は乗ってみたいトロッコ列車ではないでしょうか。

ローカル線の楽しみを少し紹介してみましたが、このほかにもたくさんのローカル線があり、それぞれ特色があって楽しいものです。
同じ旅行をするなら、こう言ったローカル線にのんびりと揺られながら、素晴らしい景色を楽しむ旅としたいものですね。

<<本ウェブサイトのプライバシーポリシー | 旅行はいつも心わくわくトップへ | ひとり旅をするなら、ローカル線を行くのが楽しい>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。