旅行はいつも心わくわく > ローカル線 観光 > ローカル線の銚子電鉄で、ぬれ煎餅を食べながらの素朴な旅を

ローカル線 観光

ローカル線の銚子電鉄で、ぬれ煎餅を食べながらの素朴な旅を

ロカール線の多くは、どこも経営が厳しく赤字のところが多いと言われます。
例えば、千葉の銚子電鉄もその一つで、廃止の憂き目に会いながらも、地元の支援の下、頑張っているローカル線でしょう。

千葉の地元にとっては、馴染みが深いローカル線の存続は、地元の足としても重要視しています。
千葉の銚子電鉄というのは、千葉県銚子市に鉄道路線を有する鉄道会社のことで、銚電と略称され、地元の人たちに大変に親しまれています。

JR東日本の総武本線の終点である銚子から、なおその先端にある犬吠埼を巡り、漁港のある外川までの6.4kmの道のりを、19分かけてのんびりと走るローカル私鉄なんです。

ローカル私鉄の「銚子電鉄」は、1998年6月に781億円もの負債を抱え込み、一度は自己破産申請を行い事実上倒産いたしました。

当時、このニュースはテレビなどでも大きく取り上げられました。
鉄道経営悪化になった要因のひとつは、元社長の業務上横領事件が発覚したことで、千葉県と銚子市から鉄道会社への補助金を停止されたことでした。

資金不足に対して、WEB上での支援の呼びかけにより、銚子名物「ぬれ煎餅」などの売り上げを上げることを通して、なんと鉄道事業の赤字を補うまでになっています。
銚子電鉄は、このようにして地元の人たちや多くの銚子鉄道ファン・サポーター、ローカル鉄道を愛される方々により、素晴らしいことに復活存続を果たしたのでした。

千葉県の銚子観光の魅力と言えば、おいしい新鮮な魚が食べられること、豪快な海岸線の美しさ、空気のおいしさ、そして観光地ずれのしない素朴な街の雰囲気ではないでしょうか。
銚子電鉄のある銚子市は、利根川が太平洋に注ぐ河口のある街で、非常に素朴です。

豊富な水揚げを誇る漁港と魚市場は活気に溢れ、特産品の醤油を作る工場が並び、そして太平洋を航行する船の守り神となる犬吠埼灯台など、観光名所が盛りだくさんの街でもあります。

銚子の観光名所の中から青い海と白亜の灯台が印象に残る犬吠埼へ、ローカル線の銚子電気鉄道に乗って、所々に寄り道をするのも楽しいとなることでしょう。
旅の楽しみの一つとして、銚子駅から徒歩7分の所にあるヤマサ醤油の工場の工場見学が可能なので、事前申し込みで一度行って見てはいかがでしょうか?

銚子名物「ぬれ煎餅」を食べながらのローカル線の銚電の旅は、話の種に尽きないものがあり、楽しさ満載と言ったところでしょう。
鉄道ファンならずとも、千葉県の銚子電鉄、一度は乗ってみたいローカル線の一つではないでしょうか?
きっと素朴な雰囲気に癒やされることでしょう。

<<ローカル線の人気ランキング | 旅行はいつも心わくわくトップへ | 関東のローカル線は都会と田舎のギャップが面白い>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。