旅行はいつも心わくわく > ローカル線 観光 > 関東のローカル線は都会と田舎のギャップが面白い

ローカル線 観光

関東のローカル線は都会と田舎のギャップが面白い

関東地方に住んでいる人ならば、東武鉄道の名前を知らない人はいないと思います。
東京の池袋に行きますと、西武百貨店と東武百貨店が池袋駅を介して、西と東にそびえ立っています。

その池袋駅から埼玉の寄居駅までを繋ぐのが、東武東上線で、毎日たくさんの乗降客で溢れかえっています。

東武鉄道は、関東地方の私鉄鉄道会社の中で最も広範囲に列車を運行しているのですが、全国でも近畿鉄道に次いで2位の営業距離を誇っています。(JRは除く)
その範囲は、南は千葉県船橋市から、北は栃木県日光市、東京、千葉、埼玉、栃木、群馬の1都4県にまたがっている、私鉄としては大手に入ります。

その営業距離は463.3kmにおよび、JRを除けば、近鉄に続く第2位の営業距離は、立派だと思います。

関東地方の私鉄の中で特に紹介したいのが、千葉県内のローカル線小湊鉄道です。
東京から約1時間のJR内房線の五井駅から20〜40分に1本運行され、終点の上総中野駅までは1時間10分ほどで到着するとてものんびりとした鉄道です。
五井駅から終点の上総中野駅までの間には、18の駅がありますが、どの区間も緑豊かな田園と美しい渓谷を眺めることのできるローカル線として、鉄道ファンに人気の路線です。
ローカル線と言うこともありますが、小湊鉄道では無人駅が多く、車掌さん自らが改札もしたりしています。

小湊鉄道は、JRも停まる五井駅を出発するのですが、この五井駅周辺は住宅街で、12階立てのサンプラザ市原のビルがそびえ立っているのが大変に目立っていて、展望レストランもあり、ローカル線のイメージとはほど遠い都市的雰囲気の駅なんです。

賑やかなJRのホームに並びなが、一方ではディーゼル列車が停車しているところに風情が感じられ、いったん五井駅を出て隣りの上総村上駅からは早くもローカルな雰囲気抜群となるところが、なんとも言えなくのどかさを感じます。

途中の高滝駅から歩いて10分ほどの所には、千葉県最大の高滝ダムがありここを観光するのも良いでしょう。
3時間ほどでダムを一周するハイキングコースもあり、養老渓谷は房総内陸部では最大の観光スポットと言えます。

小湊鉄道では高滝駅止まりの列車も多く、駅前は数軒の店があるだけですが、これでも沿線の街の中では大きな街なのです。
ここ高滝駅は無人駅の多い小湊鉄道では、乗務員の交代や休憩等に利用されるのどかな所なのです。

関東もローカル線をいろいろと探してみると、面白いローカル線がありますね。
都会と田舎の大きなギャップが現れたりするのも、大都市圏の関東ならではでしょう。

小湊鉄道は、チョットしたハイキングの利用にもちょうどよいローカル線ですので、千葉の田舎を楽しむのに、お出かけしてみてはいかがでしょうか?

<<ローカル線の銚子電鉄で、ぬれ煎餅を食べながらの素朴な旅を | 旅行はいつも心わくわくトップへ | 東北のローカル線はどこの線が、素晴らしい>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。