旅行はいつも心わくわく > 旅行 ローカル線 > 東北のローカル線はどこの線が、素晴らしい

旅行 ローカル線

東北のローカル線はどこの線が、素晴らしい

ローカル線には、地方色豊かでかつ、昔懐かしいのんびりとしたものを感じられ、最近では、旅行に行くのにローカル線を旅するものが増えているようです。
ローカル線に乗り、温泉で疲れを癒やすなんていうのが、旅行としては最高ですね。

今日は、東北地方のローカル線について書いてみようかと思います。
東北地方のローカル線と言えば、青森県の津軽鉄道が代表的で、かつ有名ですね。

東北地方のイメージと重なる猛吹雪の中を走るストーブ列車は、津軽平野のほぼ中央に位置し、津軽五所川原駅と津軽中里駅間20.7kmを結ぶ津軽鉄道ですね。
津軽鉄道は地域密着のローカル線なのですが、「だるまストーブ」が列車の中にあることで全国でも人気を呼んでいて、ストーブの上での酒のつまみ用のスルメや餅・干物を焼いて食べる人もいます。
鉄道ファンならずとも郷愁を感じさせる津軽鉄道は、機関車のイメージでもある石炭の黒い煙をたなびかせながら、津軽五所川原駅〜津軽中里駅間を1日2往復しています。

JR東日本の岩手県盛岡市玉山(旧玉山村)の好摩駅と、秋田県大館市の大館駅を結ぶ全長106.9kmの花輪線(十和田八幡平四季彩ライン)は、岩手県と秋田県を横断するローカル線として、地元に大変親しまれている路線です。

岩手県のいわて銀河鉄道は、岩手県盛岡市の盛岡駅と青森県三戸郡三戸町の目時駅間82.0kmを18駅で結んでいます。
また、盛岡駅〜大館駅間の通し運転が基本で、快速「八幡平」1日1往復する以外はすべて普通列車です。

いわて銀河鉄道と花輪線の沿線には八幡平、安比高原、湯瀬温泉など岩手・秋田を代表する観光地があり、車窓から眺められる盛岡〜平舘間の景色は大変素晴らしく、ローカル線の良さを満喫できると思います。
また、岩手県の代表的な山である岩手山の姿をはじめ、新緑、紅葉、田園地帯、渓谷等、四季の変化に富んだ岩手と秋田の景色を堪能でき大変素晴らしいいです。

そして、秋田県由利本荘市の羽後本荘駅から同市の矢島駅を結ぶ由利高原鉄道「鳥海山ろく線」も、東北地方の自然を味わうのには大変素晴らしいローカル路線です。

このローカル線は旧国鉄矢島線であり、赤字廃止選定廃止線の対象なっていたのですが、秋田県内初の第三セクター方式により昭和60年10月、由利高原鉄道株式会社・鳥海山ろく線として営業を開始し、現在に至っています。
現在、JR羽後本荘駅と矢島駅間の全長23.0kmの区間を12の駅で結んでいます。
このローカル線の特徴は、車窓から望む東北第2の霊峰鳥海山(2,236m)の勇姿と、秋田県の広大な田園風景が自慢と言えます。

東北地方の代表的なローカル線を上げてみましたが、いかがでしょうか?
東北地方の自然や田舎、温泉地を巡るのなら、ローカル線でのんびりと廻るのがやはり一番ではないでしょうか?
ゆったりとローカル線の旅を楽しみましょう。

<<関東のローカル線は都会と田舎のギャップが面白い | 旅行はいつも心わくわくトップへ | 中国地方のローカル線は観光地です>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。