旅行はいつも心わくわく > ローカル線 観光 > 中国地方のローカル線は観光地です

ローカル線 観光

中国地方のローカル線は観光地です

最近、ローカル線に乗っての旅行が、中高年の余暇・趣味としてブームになっているようです。
旅行代理店などの宣伝広告にも、このローカル線に乗るツアーなどがあったりして、中高年の方が安く気軽に観光を楽しむという方が増えています。

中高年の方の旅行ブームもあって、「ローカル線」の役割と言うのは地域の足としての利用だけでなく、観光地の鉄道としても知られるようになっているものも多くあります。
それゆえに、普段、都会などの日常的な通勤電車とは違った風情と情緒を味わうことができるのもローカル線の楽しみとも言えます。

地方の私鉄の多くは、鉄道での輸送人員が少ない路線がほとんどなので、他の事業、例えばおみやげ物の販売などで、鉄道事業による赤字を穴埋めする場合も多々あります。
実際問題として、どこの地域でも「ローカル線」の存続や効率化が課題となっていて、赤字路線が多いと言うことです。

残念なことですが、中国地方で走っていた可部線の可部―三段峡間のローカル線が廃止されました。
昔を懐かしく感じさせる「路面電車」もローカル線の中に含まれるのですが、「路面電車」として地元にも親しまれている吉備線(岡山県)と富山港線(富山県)では、交通環境の変化などで、鉄道の特性が発揮できないという理由により、代替輸送機関がより効率的と判断すれば、残念ながら廃止もありえるローカル線の一つのようでもあります。

苦境に立つローカル線ではありますが、島根県の「木次線(きすきせん)」と「三江線(さんこうせん)」は、横綱ローカル線と言われていて、鉄道ファンなら、一度は是非乗ってみたいローカル線でしょう。

木次線は、島根県松江市の宍道駅から広島県庄原市の備後落合駅に至る山岳列車で、松江から木次へ行くと、そこから「奥出雲トロッコ号」に乗ることができ、このトロッコ号が人気を博しています。
このトロッコ号「おろち号」は二両編成で、青い宍道湖南に沿って走り、大変のどかで自然の豊かさを感じるローカル線です。

観光としては、赤瓦の杉の巨木からつくられている「布袋様」が有名で、おなかをなでると金運に恵まれると言われ、人気のスポットでしょう。
また、出雲坂根駅ホームに湧き出る「延命水」は、とても有名かつ大人気のスポットで、少々列を並ばないと、飲めないくらいの美味しい水が出るそうです。

その他の観光スポットとしては、おろちループ橋があります。
非常に高いところに掛けられたおろちループ橋は、車でもこの高さを登るのは大変だろうなと感じるくらいの高さのところにあります。

住民の少ない街と街を結ぶことが多いローカル線は、乗車率が悪い為、存続がいつも危ぶまれています。
代替交通手段がある場合などは、殆どが廃線に追い込まれたりすることが多いです。
しかし、中には木次線のように、うまく観光化して鉄道ファンならずとも乗ってみたいと思わせるように努力することで、観光としてのローカル線を生かすこともとても良いことだと思います。

<<東北のローカル線はどこの線が、素晴らしい | 旅行はいつも心わくわくトップへ | 新婚旅行で行く国内の一番人気は沖縄>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。