旅行はいつも心わくわく > 国内 世界遺産 > 熊野古道は一度は訪れたい霊場です

国内 世界遺産

熊野古道は一度は訪れたい霊場です

毎年多くの人が訪れる紀伊山地ですが、世界遺産に登録されたことで、更に一層人気の旅行先となった紀伊山地の熊野古道
一度は訪れて、その霊験を実感してみたいところであります。

古来、紀伊山地は神々が集まる特別な場所と考えられてきていたことから、中国からやって来た仏教の修行僧の修行の場とされることが多く、その結果、紀伊山地には由来の異なる3つの霊場が生まれることになったそうです。

それが「吉野・大峯」、「熊野」、「高野山」なのです。

この3つの霊場とそれぞれに続いている参詣道が、「紀伊山地の霊場と参詣道」として2004年に世界遺産として認定されたことは、日本人として誇らしいことだと感じます。
この地が世界遺産として特に評価された点は、神道と仏教の融合という世界でも稀な場所であるということです。

これは和歌山、奈良、三重と3県にまたがっている紀伊山地の自然が、修験する地として適していなくてはありえませんでした。

そのような自然の浸食が激しく険しい地に生まれた神社仏閣と、参詣道などの人間が作り出した建造物と自然との融合が華を添え、世界遺産となるのに十分な価値が生まれたと言えます。

世界遺産として登録された日本有数の霊山として堂々たる風格を見せる吉野・大峯には、大峯に続く奥新道にオオヤマレンゲの自生地があり、また吉野は桜の名所としても知られる美しい所で、その美しさは惚れ惚れします。

意外なことかもしれませんが、吉野の桜は自生しているのではなく、宗教的な意味によって植えられた物なのですが、本当に馴染んでいますよね。

熊野には3つの神社と2つのお寺があり、世界遺産を象徴する神仏融合の場となっているところが、魅力を増しています。

高野山には117もの寺院が密集している宗教都市ともいえるところで、世界遺産にふさわしい存在と言えます。

紀伊山地の霊場と参詣道は世界遺産に登録されたことにより、以前にも増して多くの方が訪れるようになりましたが、心亡き人たちも多く訪れているおかげか、荒廃が進んだという指摘も多数あります。

せっかくの美しい霊山なのですから、観光旅行とは言うものの厳かな気持ちで楽しみたいものですね。

旅の恥は掻き捨てのような気持ちで、ごみを捨てたり、いたずら書きなどするのは、決して良いものではないです。
せっかくの世界遺産も台無しになってしまいますので、心して旅行したいものです。

<<世界遺産となった日光の歴史的遺跡を観光しましょう | 旅行はいつも心わくわくトップへ | 安芸の宮島、厳島神社は世界遺産にふさわしい>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。