旅行はいつも心わくわく > 国内 世界遺産 > 原生林が素晴らしい世界遺産の白神山地

国内 世界遺産

原生林が素晴らしい世界遺産の白神山地

屋久島や姫路城が世界遺産として登録されたことは、知っていると言う人は多いと思いますが、白神山地が登録されたことを知っている人は少ないかもしれません。

白神山地は、1993年に姫路城や屋久島などとともに世界遺産に登録され、その素晴らしい自然を知っている人にとっては当然だと感じることでしょう。

白神山地がどこにあるかと言いますと、青森県と秋田県にまたがっています。

その雄大に広がるブナの原生林は、世界遺産の中でも自然遺産の部類に入ると言えます。

自然遺産としての世界遺産である屋久島は、屋久島に生息している植物の多様さが世界遺産への認定の理由の一つとなっています。

同じ自然遺産でもある白神山地はブナ一色というところが大きな特色です。

一部にカツラ、ハリギリ、アサダなども見られますが、白神山地を遠目から見る限りは、ブロッコリーのようなこんもりとした原生林が広がるばかりで、自然の不思議な一面を垣間見ることができます。

不思議に感じるかもしれませんが、日本のように人口の多い国において、手付かずの原生林がただ広がっている、ということは世界的に見ても大変に珍しいことなのです。

白神山地は他の世界遺産のようににぎやかな観光地ではありません。

それゆえに、白神山地のよさは、無骨な自然を肌で感じることができることです。

眼前に迫る滝しぶきをその肌に感じられる「暗門滝」は、第一の滝、第二の滝、第三の滝と三箇所あり、白神山地の中でもたくさんの方が訪れるところです。

頂上の「二ツ森」からは、世界遺産である白神山地の全貌が楽しめるので、原生林を眺め見たい人にオススメです。

「岳岱自然観察教育林」は遊歩道が整備され、ニッコウキスゲも楽しめ、軽い登山に向いています。

クマゲラ、イヌワシ、クマタカなどの鳥類に加え、カモシカやニホンザル、ツキノワグマも生息していて、もしかしたら見かけることができるかもしれません。

2004年に鳥獣保護区に白神山地が指定されるまでは、マタギの姿も見かけたそうです。

最近は、周辺にロッジやキャビン、キャンプ場などが整備されてきている所もあり、アウトドアを楽しむ方が多く入山されます。

世界遺産の白神山地や十和田湖・八甲田山などの青森観光の拠点に最適な温泉宿なら、あづましの宿 関の湯です。



家族みんなして世界遺産の白神山地を楽しんだ後に、温泉で疲れを癒し、美味しい料理に舌鼓するのにあづましの宿 関の湯は、とてもオススメの温泉旅館でしょう。
オススメの関の湯☆あじゃらプラン(通常プラン)は、大人お一人様1泊2食付で10,500円〜と大変リーズナブルな設定です。

<<雄大な日本の世界遺産なら、屋久島が一番 | 旅行はいつも心わくわくトップへ | 世界遺産の知床の自然に触れてみましょう>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。