旅行はいつも心わくわく > 国内 世界遺産 > 世界遺産の知床の自然に触れてみましょう

国内 世界遺産

世界遺産の知床の自然に触れてみましょう

日本国内世界遺産に登録されているところは多々ありますが、知床旅情でも歌われた知床は、日本人にとって一味違った趣があると思います。

知床からは北方四島も見え、その自然の素晴らしさに一度は訪れたい日本の最北東の地といえます。

2005年、世界遺産に登録された知床は、北海道東部、オホーツク海に面した知床半島とその周辺地域をさしています。

自然が素晴らしいからと言って世界遺産になれるわけではないのですが、この知床が世界遺産となった決め手は、一言で言えば食物連鎖であると言えます。

知床の食物連鎖を簡単に説明してみますと、冬に流氷が接岸することで大量のプランクトンがこの地にもたらされ、サケを初めとする多くの魚介類がこのプランクトンを餌として集まってきます。

秋になるとそのサケは産卵の為に、知床を流れる川を遡上し、ヒグマなどに食べられます。

そして、そのヒグマなどの排泄物が土に返り、植物の栄養となる。

簡単にはこのような食物連鎖なのですが、海から陸へとつながる生態系がわかりやすい地域と言うのは、世界的にも貴重なため、世界遺産に登録されました。

世界遺産の対象となった自然を保護するために、知床にはさまざまな制限や計画があるのです。

それらの制限などにおいて、観光客が直接関係していることとしては、キタキツネやエゾシカへの餌付け禁止です。

これらの自然の動物達が、ただ可愛いからと言ってむやみにエサをあげてはいけないということです。

ところで、知床が世界遺産となったことにより、北海道ツアーにもいくらか変化が現れています。

今までに、富良野や阿寒湖、旭山動物園などの観光ツアーに、知床が組み込まれることは少なかったのですが、世界遺産への登録が元でツアーに組み込まれることが、増えているのです。

もともと知床は観光業は盛んではありません。

北海道のいろいろな観光地と比べますと、物足りなく感じるところもあるかもしれません。

しかし、先ほど説明した食物連鎖を思いながら川や海を眺めれば、また違った感慨もでて来るのではないでしょうか。

とは言うものの、知床の世界遺産周辺には、「オシンコシンの滝」「知床五湖」「夕陽台」などの名所もあります。

世界遺産と合わせて楽しむと言うのも良いでしょう。

知床にはリゾートホテルがたくさんあるので、宿の心配は大丈夫ですが、クチコミ評価の高いホテルをご紹介しておきます。
クチコミ評価が5点満点中4.8点の評価を受けている知床ヴィラ ホテル フリーズは、オススメ第1位です。



クチコミ評価が5点満点中4.4点の評価を受けている知床第一ホテルは、ウトロ温泉もしっかりと楽しめます。
料理はバイキングです。



知床も非常に広いので、バスやレンタカーでのんびりと見て回るというのが一番でしょう。
レンタカーをご利用なら、ニッポンレンタカーが安心便利。

<<原生林が素晴らしい世界遺産の白神山地 | 旅行はいつも心わくわくトップへ | 世界遺産モンサンミシェルは人類の叡智の結晶>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。