旅行はいつも心わくわく > ヨーロッパ 世界遺産 > フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

ヨーロッパ 世界遺産

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

フランスには、世界遺産として登録されている建造物は目白押しで、2008年現在で、実に27箇所もあります。

日本の世界遺産となっている建造物や自然が、14箇所であるのと比較してみますと、国土の広さを考えてみますと、いかに多いかが分かるかと思います。

そして、その建造物がキリスト教会の建物が多いことを見ると、フランスにおいて、いかにキリスト教が栄えたかが分かると思います。

そのフランスの世界遺産の一つである、ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿を取り上げてみようと思います。

この世界遺産は、フランスの世界遺産の中でも、大変に長い名前として知られています。

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿において、ランスのノートルダム宮殿ですが、こちらはゴシック様式のとても素敵な大聖堂で、見る人の目を楽しませてくれるとても大きく素晴らしい世界遺産です。

三つの建物の中でも、ノートルダム大聖堂は日本でもなじみの建物だと思います。

そして、ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の中のサン=レミ聖堂というのは、西暦1000年ごろに建てられたといわれているバシリカ式の教会堂です。

ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の最後はトー宮殿ですが、こちらは1498年から1509年ごろに建てられたものです。

この宮殿は、キリスト教の大司教のための家で、今は国立博物館として利用されているとのことです。

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿は、フランスの観光スポットしての世界遺産の中でも、特に人気のあるスポットです。

フランスの世界遺産を見たいと思っている人の多くが、ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の三つの建物を見るために世界中から訪れると言っても過言ではないほどです。

実際、ネット上でフランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿を検索してみますと、たくさんの写真を掲載したサイトが見つかります。

そして、どの写真を見ても、素晴らしい建物であり、素晴らしい遺品であることが伝わって来ます。

現物を見れたなら、もっと感動することでしょう。

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の三つの建物それぞれが、とても趣のある建物であることは言うまでも無く、当時の様式などを十分楽しむことができる世界遺産であることを写真を通してでも十分に分かることでしょう。

フランスの世界遺産であるノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の建物や遺品を見てみたいものです。

フランスの世界遺産を観光するツアーには、かならずノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿は入っていることでしょう。

<<世界遺産モンサンミシェルは人類の叡智の結晶 | 旅行はいつも心わくわくトップへ | ロシアの観光は、サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群で決まり>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。