旅行はいつも心わくわく > ヨーロッパ 世界遺産 > 魅惑の世界遺産イスタンブールへ

ヨーロッパ 世界遺産

魅惑の世界遺産イスタンブールへ

イスタンブール、それは西洋の文化と東洋の文化が交じり合い、一つの大きな歴史的文化圏を作っている都市。

トルコ共和国のボスポラス海峡のアジア側の部分とヨーロッパ側の部分の両岸地域が、イスタンブールに該当する。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域は、ヨーロッパの歴史において欠かせない地域なのである。

世界史の中においても華々しく登場するトルコの世界遺産イスタンブール歴史地域は、世界遺産の中でも分類的には文化遺産となていますが、1985年に世界遺産として登録され、名実共にその素晴らしさが後世に残されることになりました。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域はアジアとヨーロッパが接する街でもあることから、古くはローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマントルコ帝国と言う3つの世界にまたがる帝国の首都として栄えていた時期もありました。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域がある場所は、トルコの北西部のイスタンブールにあります。

このイスタンブールは、トルコの中では一番大きな商業都市であります。

東ローマ帝国時代には、コンスタンティノポリス(コンスタンティノープル)という名前でしたが、オスマントルコの首都にもなってからは、今の名称であるイスタンブールという名前となり、絶えず繁栄して来た街でもあります。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域には博物館や教会、モスクや市場などいろいろな魅力あふれる場所がたくさんあります。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域は文明が発祥した場所としても有名な場所でとても歴史が深く、世界遺産として認定された魅力がよくわかる場所です。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域への海外ツアーは、色々と旅行社において企画されています。

世界中からたくさんの観光客が集まりますが、日本人観光客もトルコの世界遺産イスタンブール歴史地域の魅力に惹かれて、たくさんの人が訪れています。

特にイスタンブールの素晴らしさの一つが、夕暮れのボスポラス海峡から見える夕日の光景だと言われています。

ビザンティン建築の精華が現れたスレイマニエ・モスク、ヴァレンス水道橋やハギア・ソフィア大聖堂など、自然の眺めはもちろんのこと、歴史的建築物も大変素晴らしいものがあります。

東洋と西洋の文化が融合した素晴らしい世界遺産イスタンブール歴史地域に観光旅行してみたいと思います。

<<ロシアの観光は、サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群で決まり | 旅行はいつも心わくわくトップへ | トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群に歴史の深みを感じる>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。