旅行はいつも心わくわく > アフリカ 世界遺産 > モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街の賑わい

アフリカ 世界遺産

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街の賑わい

北アフリカにあるモロッコ王国にも、本当に素晴らしい世界遺産があります。

モロッコの首都は、ラバトです。

モロッコと言えば、映画カサブランカで有名なのですが、マラケシュも観光で有名な都市だと言えます。

今回、紹介するのは、モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街です。

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街というのは、モロッコ王国の真ん中にある国内第二の都市マラケシュという場所にあります。

このマラケシュという名前は、山岳地帯で使われているベルベル語では、神様の国と言う意味があるのだそうです。

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街は、モロッコの中ではカサブランカの次に古い町として知られているようです。

ちなみに、第一の都市カサブランカの人口は367万人で、首都ラバトが120万人です。

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街の広さは、6キロ平米くらいで、それほど広くはありません。

その旧市街を城壁で囲んである街と、西の方に広い新しい街の二つの街から成り立っています。

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街の素晴らしさは、現地に行き観光してみるのが一番ではあります。

旧市街はとても狭い路地のような場所に、迷路のように色々な建物が立ち並んでいるのです。

そして、そのどの建物も歴史的に有名な建造物ばかりなのです。

世界遺産に登録されたモロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街の中でも、ジャマエルフナ広場は昔から栄えた場所なのです。

現在でも街並みには屋台が立ち並んでいて、大道芸人たちが毎日色々な芸を披露していて、それを見ているだけでも十分に楽しめます。

ですから自然とジャマエルフナ広場は賑うようになっています。

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街の良いところは、この自然と賑う雰囲気を残しながら、この場所自体を世界遺産として認定しているところだと言えます。

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街へ観光として行く日本人も多いので、各旅行社からツアーなども用意されています。

行った方たちのほとんどが、その広場の人の多さや、賑わいに驚くのではないでしょうか?

その賑わいの雰囲気、空間自体が、モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街なのです。

<<世界遺産アルジェのカスバの郷愁 | 旅行はいつも心わくわくトップへ | 北海道の温泉を楽しむ>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。