旅行 ローカル線

東北のローカル線はどこの線が、素晴らしい

ローカル線には、地方色豊かでかつ、昔懐かしいのんびりとしたものを感じられ、最近では、旅行に行くのにローカル線を旅するものが増えているようです。
ローカル線に乗り、温泉で疲れを癒やすなんていうのが、旅行としては最高ですね。

今日は、東北地方のローカル線について書いてみようかと思います。
東北地方のローカル線と言えば、青森県の津軽鉄道が代表的で、かつ有名ですね。

東北地方のイメージと重なる猛吹雪の中を走るストーブ列車は、津軽平野のほぼ中央に位置し、津軽五所川原駅と津軽中里駅間20.7kmを結ぶ津軽鉄道ですね。
津軽鉄道は地域密着のローカル線なのですが、「だるまストーブ」が列車の中にあることで全国でも人気を呼んでいて、ストーブの上での酒のつまみ用のスルメや餅・干物を焼いて食べる人もいます。
鉄道ファンならずとも郷愁を感じさせる津軽鉄道は、機関車のイメージでもある石炭の黒い煙をたなびかせながら、津軽五所川原駅〜津軽中里駅間を1日2往復しています。

JR東日本の岩手県盛岡市玉山(旧玉山村)の好摩駅と、秋田県大館市の大館駅を結ぶ全長106.9kmの花輪線(十和田八幡平四季彩ライン)は、岩手県と秋田県を横断するローカル線として、地元に大変親しまれている路線です。

岩手県のいわて銀河鉄道は、岩手県盛岡市の盛岡駅と青森県三戸郡三戸町の目時駅間82.0kmを18駅で結んでいます。
また、盛岡駅〜大館駅間の通し運転が基本で、快速「八幡平」1日1往復する以外はすべて普通列車です。

いわて銀河鉄道と花輪線の沿線には八幡平、安比高原、湯瀬温泉など岩手・秋田を代表する観光地があり、車窓から眺められる盛岡〜平舘間の景色は大変素晴らしく、ローカル線の良さを満喫できると思います。
また、岩手県の代表的な山である岩手山の姿をはじめ、新緑、紅葉、田園地帯、渓谷等、四季の変化に富んだ岩手と秋田の景色を堪能でき大変素晴らしいいです。

そして、秋田県由利本荘市の羽後本荘駅から同市の矢島駅を結ぶ由利高原鉄道「鳥海山ろく線」も、東北地方の自然を味わうのには大変素晴らしいローカル路線です。

このローカル線は旧国鉄矢島線であり、赤字廃止選定廃止線の対象なっていたのですが、秋田県内初の第三セクター方式により昭和60年10月、由利高原鉄道株式会社・鳥海山ろく線として営業を開始し、現在に至っています。
現在、JR羽後本荘駅と矢島駅間の全長23.0kmの区間を12の駅で結んでいます。
このローカル線の特徴は、車窓から望む東北第2の霊峰鳥海山(2,236m)の勇姿と、秋田県の広大な田園風景が自慢と言えます。

東北地方の代表的なローカル線を上げてみましたが、いかがでしょうか?
東北地方の自然や田舎、温泉地を巡るのなら、ローカル線でのんびりと廻るのがやはり一番ではないでしょうか?
ゆったりとローカル線の旅を楽しみましょう。

旅行 ローカル線

ローカル線の人気ランキング

をするなら、ローカル線に乗っての鉄道旅行が、情緒が溢れるなかなか素晴らしい景色を眺めることができるので、大変に人気がありますね。
自然の風景をただ眺めているだけでも、心が癒やされて何時間でも揺られていたくなるのが、ローカル線の楽しみと言えます。

そんな大人気のローカル線の人気ランキングを調べてみましたので、ローカル線での旅の参考にしてみてください。

1位の五能線は秋田県・東能代駅から青森県・川部駅までの全長147.2kmの日本海側を走るローカル線。
四季折々変化に富んだ景色が見られる海沿いの美しい景観を楽しめる路線として、以前から大変に人気がありましたが、沿線の白神山地が世界自然遺産に登録されたため、更に一層人気が高くなりました。

2位の只見線は、小出駅から会津若松駅間の新潟県と福島県を結ぶ秘境を走る路線として関東などから多くの鉄道ファンが集まり、大変に人気を博しています。
特に併走する大白川から只見間の国道252号線は冬季通行止になる為、小出から只見間の列車が廃止にならないそうで、ローカル線のファンとしては嬉しい限りです。
沿線の降雪量が大変に多いので、一部区間が冬季運休になりますが、夏は臨時列車が運行され、一日中、車窓を楽しむ客でにぎわいます。

3位は日本の最北端を目指す宗谷本線です。
旭川を起点に稚内まで北上する日本最北端の路線の259.4kmです。
1日3往復しか列車が停まらない駅などや、昔ながらの板敷きホーム,木造の小さな待合室が残っていて、ローカル線らしさは、日本一かもしれないくらいローカル度満点の路線です。
もちろん、北海道の広大な大自然を満喫できる路線としても、最高のローカル線です。

4位は釧網本線で、最も風景が美しいと主張したいのがこの釧網本線で、網走から東釧路の166.2kmです。
何しろ釧路湿原国立公園・阿寒国立公園の2つの国立公園、さらには網走国定公園の中を走るのですから、美しいわけがないですね。
国立公園の中を走る路線は他にもにいくつかありますが、2つの国立公園の中を走る路線は全国でもここだけ。
一度は是非乗ってみたいローカル線の一つでもありますね。

5位の小海線(こうみせん)は、山梨県北杜市の小淵沢駅から長野県小諸市の小諸駅までを結ぶJR東日本の地方交通線の鉄道路線です。
八ヶ岳高原線と愛称で呼ばれています。
清里駅と野辺山駅の間には、標高1,375mというJR線最高地点があり、また駅として一番高いところにあるのは野辺山駅で標高1,345m、どちらも非常に標高が高いのに驚かされますね。

人気ランキングとして一応上げましたが、どの路線もローカル線として十分に楽しく、また大変に満足いただけるかと思います。
一度ローカル線に乗ったら、その景色の素晴らしさに虜になること請け合いですね。

是非、楽しいローカル線の旅を味わってください。

旅行 ローカル線

ひとり旅をするなら、ローカル線を行くのが楽しい

旅行に出かけるのに、家族旅行、若いカップル旅行、友達との旅行など、いろいろとありますが、気ままなひとりで出かける旅行はいかがでしょうか?
ひとりで出かけるのは、旅行と言うよりは旅に近い雰囲気で、ふらりと出かけていくのが乙な感じがしていいですね。

あまり華やかだったり賑やかすぎる名所などは、ひとり旅には向かないことでしょう。
やはり、ひとり旅をするなら、ローカル線で駅前旅館に泊まるのがおすすめですね。

昔から、その土地の駅前旅館には豪華な夕食も露天風呂もありませんが、一泊二食付6000円前後という値段で、気楽に立ち寄りやすい理由のひとつとして、どこか懐かしく心が和むところがあります。

かつてはどこの駅前旅館でも、鉄道や地場産業の発展とともに栄えて来て、華やかさはないものののんびりとした旅情が溢れていたものです。

特に地方のローカル線と駅前旅館には、どことなくのんびりひとり旅にはうってつけの旅情を掻き立てる魅力が、溢れていたりします。

地方のローカル線は列車の本数が少なく速度も遅く、単線のために反対方向の列車待ちで長時間停車するなど、都会では味わうことがないのどかな感じもあります。

まったりとした時間の中でのその空間には、その土地の人たちと方言でふれ合い、人情にふれる楽しさが溢れています。

新幹線時代のなんでもスピーディーな現代から、タイムスリップしたような感覚に出会う事ができ、まさに都会の喧騒を忘れさせてくれます。

そんな体験も、ひとり旅の気ままな自由な旅の魅力といえるのではないでしょうか。
友達同士で賑やかに楽しむ旅行や、家族旅行とは一味違ったものが味わえることでしょう。

例えば、北海道の釧網本線は、道東の釧路から網走をつなぐローカル線で、ひとり旅するにはおすすめのひとつです。
もちろん、ご夫婦での気楽に出かけていくのも、新しい発見があるかもしれません。

釧路から網走をつなぐローカル線は釧路湿原、屈斜路湖や摩周湖の湖の麓、川湯温泉、秘境知床半島の入り口である斜里を通り、四季折々に堪能できるローカル線ですから、都会の喧騒に疲れた人向けでしょうか?

また、夏はハマナスなどの花が咲き乱れる原生花園、オホーツク海の浜まで20mという近さにある北浜、冬に白鳥が飛来すると濤沸湖など、見るところ満載と言った感じで北海道の大自然を凝縮したような魅力の溢れる場所を巡る路線です。

ローカル線特有の1両編成の列車は、都会でよく走っている列車のように整然としてなくて、どことなく生活臭が漂っているところが魅力のひとつでもありますね。

ローカル線の魅力の一つともいえるのんびり感や田舎の生活臭なるものを、わずかながら紹介してみましたが、いかがですか出かけたくなりましたでしょうか?
北海道、九州はもちろんですが、探してみるとまだまだひとり旅をたっぷり楽しめるローカル線が見つかることでしょう。

私の住む春日井市では、庄内川沿いを走り定光寺駅周辺が多少眺望が良いです。
また、多治見と美濃太田を結ぶ太多線は、単線でローカル線と言えるでしょうか?

旅行 ローカル線

ローカル線で行く旅行の魅力とは?

季節を問わず、地方の名もないところに旅行へ行きますと必ずといって良いほど、いわゆるローカル線が走っています。
ローカル線においては複線よりも単線が多いのですが、走っているのかどうかも分からないレールを見るだけでもわくわくしてきますし、ましてや電車に揺られるようなら、昔懐かしいふるさとを思い出させてくれ、楽しい旅行になります。

ところでローカル線の意味は、いわゆる小規模な地域内輸送や、地域間輸送の鉄道路線及び道路・航路のことを指しています。

また、ローカル線の中には地域の足としての利用はもちろんですが、ローカル線を観光地の鉄道として知られているものもあり、存在そのものが貴重となっているものが数多くあり、鉄道ファンならずとも楽しいものがあります。

山あいの風光明媚な区間を走る山岳鉄道は、眺望を楽しむにはもってこいですし、複線での本線ではすでに旧式化され使用されなくなった年代物の車両は、鉄道ファンに垂涎のものもあることでしょう。

もちろん、蒸気機関車を走らせている地域もあり、鉄道ファンでなくとも見るだけでもわくわくします。

そんな年代物の車両などにおいては、普段利用している味気ない通勤電車では決して味わうことのできない風情と景色があり、郷愁を感じさせます。

廃止されているものも多くありますが、北は北海道から南は九州までいろいろな各路線のローカル線があり、古びた駅舎、古き良き日本が残る沿線風景と、写真片手に出かけていきたくなります。

そんな郷愁一杯に誘う魅力が、ローカル線にはたくさん残っていますね。

その中でも特に紹介したいのは、北海道のローカル線。

宗谷本線は旭川、稚内を走る全長259.4kmのローカル線。
この宗谷本線は、日本最北端路線で大変に人気があります。

そして、北海道において最も誇れるローカル線、釧網本線。
釧網本線も、鉄道ファンならずとも大変人気が高いローカル線です。

網走、東釧路を走る166.2kmの釧網本線は、北海道の四季折々の絶景を楽しむことができることで有名で、特に冬の風物詩『三白』と呼ばれているタンチョウヅル、オオハクチョウ、流氷、このすべての風物詩が、この釧網本線の車窓からすべて鑑賞でき、まさに走る眺望列車と言っても過言ではないです。

また、トロッコ列車『ノロッコ号』で釧網本線をゆっくり渡るのも、北海道の冬の醍醐味。
一度は乗ってみたいトロッコ列車ではないでしょうか。

ローカル線の楽しみを少し紹介してみましたが、このほかにもたくさんのローカル線があり、それぞれ特色があって楽しいものです。
同じ旅行をするなら、こう言ったローカル線にのんびりと揺られながら、素晴らしい景色を楽しむ旅としたいものですね。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。