ローカル線 観光

中国地方のローカル線は観光地です

最近、ローカル線に乗っての旅行が、中高年の余暇・趣味としてブームになっているようです。
旅行代理店などの宣伝広告にも、このローカル線に乗るツアーなどがあったりして、中高年の方が安く気軽に観光を楽しむという方が増えています。

中高年の方の旅行ブームもあって、「ローカル線」の役割と言うのは地域の足としての利用だけでなく、観光地の鉄道としても知られるようになっているものも多くあります。
それゆえに、普段、都会などの日常的な通勤電車とは違った風情と情緒を味わうことができるのもローカル線の楽しみとも言えます。

地方の私鉄の多くは、鉄道での輸送人員が少ない路線がほとんどなので、他の事業、例えばおみやげ物の販売などで、鉄道事業による赤字を穴埋めする場合も多々あります。
実際問題として、どこの地域でも「ローカル線」の存続や効率化が課題となっていて、赤字路線が多いと言うことです。

残念なことですが、中国地方で走っていた可部線の可部―三段峡間のローカル線が廃止されました。
昔を懐かしく感じさせる「路面電車」もローカル線の中に含まれるのですが、「路面電車」として地元にも親しまれている吉備線(岡山県)と富山港線(富山県)では、交通環境の変化などで、鉄道の特性が発揮できないという理由により、代替輸送機関がより効率的と判断すれば、残念ながら廃止もありえるローカル線の一つのようでもあります。

苦境に立つローカル線ではありますが、島根県の「木次線(きすきせん)」と「三江線(さんこうせん)」は、横綱ローカル線と言われていて、鉄道ファンなら、一度は是非乗ってみたいローカル線でしょう。

木次線は、島根県松江市の宍道駅から広島県庄原市の備後落合駅に至る山岳列車で、松江から木次へ行くと、そこから「奥出雲トロッコ号」に乗ることができ、このトロッコ号が人気を博しています。
このトロッコ号「おろち号」は二両編成で、青い宍道湖南に沿って走り、大変のどかで自然の豊かさを感じるローカル線です。

観光としては、赤瓦の杉の巨木からつくられている「布袋様」が有名で、おなかをなでると金運に恵まれると言われ、人気のスポットでしょう。
また、出雲坂根駅ホームに湧き出る「延命水」は、とても有名かつ大人気のスポットで、少々列を並ばないと、飲めないくらいの美味しい水が出るそうです。

その他の観光スポットとしては、おろちループ橋があります。
非常に高いところに掛けられたおろちループ橋は、車でもこの高さを登るのは大変だろうなと感じるくらいの高さのところにあります。

住民の少ない街と街を結ぶことが多いローカル線は、乗車率が悪い為、存続がいつも危ぶまれています。
代替交通手段がある場合などは、殆どが廃線に追い込まれたりすることが多いです。
しかし、中には木次線のように、うまく観光化して鉄道ファンならずとも乗ってみたいと思わせるように努力することで、観光としてのローカル線を生かすこともとても良いことだと思います。

ローカル線 観光

関東のローカル線は都会と田舎のギャップが面白い

関東地方に住んでいる人ならば、東武鉄道の名前を知らない人はいないと思います。
東京の池袋に行きますと、西武百貨店と東武百貨店が池袋駅を介して、西と東にそびえ立っています。

その池袋駅から埼玉の寄居駅までを繋ぐのが、東武東上線で、毎日たくさんの乗降客で溢れかえっています。

東武鉄道は、関東地方の私鉄鉄道会社の中で最も広範囲に列車を運行しているのですが、全国でも近畿鉄道に次いで2位の営業距離を誇っています。(JRは除く)
その範囲は、南は千葉県船橋市から、北は栃木県日光市、東京、千葉、埼玉、栃木、群馬の1都4県にまたがっている、私鉄としては大手に入ります。

その営業距離は463.3kmにおよび、JRを除けば、近鉄に続く第2位の営業距離は、立派だと思います。

関東地方の私鉄の中で特に紹介したいのが、千葉県内のローカル線小湊鉄道です。
東京から約1時間のJR内房線の五井駅から20〜40分に1本運行され、終点の上総中野駅までは1時間10分ほどで到着するとてものんびりとした鉄道です。
五井駅から終点の上総中野駅までの間には、18の駅がありますが、どの区間も緑豊かな田園と美しい渓谷を眺めることのできるローカル線として、鉄道ファンに人気の路線です。
ローカル線と言うこともありますが、小湊鉄道では無人駅が多く、車掌さん自らが改札もしたりしています。

小湊鉄道は、JRも停まる五井駅を出発するのですが、この五井駅周辺は住宅街で、12階立てのサンプラザ市原のビルがそびえ立っているのが大変に目立っていて、展望レストランもあり、ローカル線のイメージとはほど遠い都市的雰囲気の駅なんです。

賑やかなJRのホームに並びなが、一方ではディーゼル列車が停車しているところに風情が感じられ、いったん五井駅を出て隣りの上総村上駅からは早くもローカルな雰囲気抜群となるところが、なんとも言えなくのどかさを感じます。

途中の高滝駅から歩いて10分ほどの所には、千葉県最大の高滝ダムがありここを観光するのも良いでしょう。
3時間ほどでダムを一周するハイキングコースもあり、養老渓谷は房総内陸部では最大の観光スポットと言えます。

小湊鉄道では高滝駅止まりの列車も多く、駅前は数軒の店があるだけですが、これでも沿線の街の中では大きな街なのです。
ここ高滝駅は無人駅の多い小湊鉄道では、乗務員の交代や休憩等に利用されるのどかな所なのです。

関東もローカル線をいろいろと探してみると、面白いローカル線がありますね。
都会と田舎の大きなギャップが現れたりするのも、大都市圏の関東ならではでしょう。

小湊鉄道は、チョットしたハイキングの利用にもちょうどよいローカル線ですので、千葉の田舎を楽しむのに、お出かけしてみてはいかがでしょうか?

ローカル線 観光

ローカル線の銚子電鉄で、ぬれ煎餅を食べながらの素朴な旅を

ロカール線の多くは、どこも経営が厳しく赤字のところが多いと言われます。
例えば、千葉の銚子電鉄もその一つで、廃止の憂き目に会いながらも、地元の支援の下、頑張っているローカル線でしょう。

千葉の地元にとっては、馴染みが深いローカル線の存続は、地元の足としても重要視しています。
千葉の銚子電鉄というのは、千葉県銚子市に鉄道路線を有する鉄道会社のことで、銚電と略称され、地元の人たちに大変に親しまれています。

JR東日本の総武本線の終点である銚子から、なおその先端にある犬吠埼を巡り、漁港のある外川までの6.4kmの道のりを、19分かけてのんびりと走るローカル私鉄なんです。

ローカル私鉄の「銚子電鉄」は、1998年6月に781億円もの負債を抱え込み、一度は自己破産申請を行い事実上倒産いたしました。

当時、このニュースはテレビなどでも大きく取り上げられました。
鉄道経営悪化になった要因のひとつは、元社長の業務上横領事件が発覚したことで、千葉県と銚子市から鉄道会社への補助金を停止されたことでした。

資金不足に対して、WEB上での支援の呼びかけにより、銚子名物「ぬれ煎餅」などの売り上げを上げることを通して、なんと鉄道事業の赤字を補うまでになっています。
銚子電鉄は、このようにして地元の人たちや多くの銚子鉄道ファン・サポーター、ローカル鉄道を愛される方々により、素晴らしいことに復活存続を果たしたのでした。

千葉県の銚子観光の魅力と言えば、おいしい新鮮な魚が食べられること、豪快な海岸線の美しさ、空気のおいしさ、そして観光地ずれのしない素朴な街の雰囲気ではないでしょうか。
銚子電鉄のある銚子市は、利根川が太平洋に注ぐ河口のある街で、非常に素朴です。

豊富な水揚げを誇る漁港と魚市場は活気に溢れ、特産品の醤油を作る工場が並び、そして太平洋を航行する船の守り神となる犬吠埼灯台など、観光名所が盛りだくさんの街でもあります。

銚子の観光名所の中から青い海と白亜の灯台が印象に残る犬吠埼へ、ローカル線の銚子電気鉄道に乗って、所々に寄り道をするのも楽しいとなることでしょう。
旅の楽しみの一つとして、銚子駅から徒歩7分の所にあるヤマサ醤油の工場の工場見学が可能なので、事前申し込みで一度行って見てはいかがでしょうか?

銚子名物「ぬれ煎餅」を食べながらのローカル線の銚電の旅は、話の種に尽きないものがあり、楽しさ満載と言ったところでしょう。
鉄道ファンならずとも、千葉県の銚子電鉄、一度は乗ってみたいローカル線の一つではないでしょうか?
きっと素朴な雰囲気に癒やされることでしょう。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。