ヨーロッパ 世界遺産

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群に歴史の深みを感じる

西洋文化と東洋文化に接するトルコは、非常に長く古い歴史を持つ国である。

中でも、世界遺産に登録されているイスタンブール歴史地域やトロイの考古遺跡は、非常に有名であるが、今回、紹介するトルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群も、自然や人間の美、信仰の素晴らしさを十分に感じさせるものである。

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群は、あまり知られてはいないが、キリスト教に関心のある方ならずとも、一度は行ってみたい世界遺産でオススメである。

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群という、このあまり聞いたことの無い名称はどこにあるのかと言いますと、トルコの中部に当たるネヴシェヒール地方と呼ばれる場所のアナトリア高原にあります。

トルコは、高地および山地の多い国で、標高の平均が1,132mと非常に高く、北部と南部に高い山が多くあります。

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群は、エルジェス山、ハサンダウ山が噴火して灰石が堆積し、その後、風化したり侵食したりを何度も何度も繰り返して、できた地形だといわれています。

また、ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群が世界遺産として登録された理由として、ただ自然の美しさだけではありません。

4世紀ごろに、ローマ帝国から迫害され逃げてきたキリスト教の信者たちが、横穴式に掘り、修道院や教会を作ったのですが、その素晴らしさでも有名なのです。

そして、その修道院や教会の数は、実に360もあるのだそうです。

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群は、トルコの世界遺産の中でも特に人気のあるスポットになっているのです。

たくさんの聖堂の中には、とても色鮮やかなフレスコ画と呼ばれるビザンチン様式の壁画も残されていて、見る者を圧倒する素晴らしさがあります。

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群の地域には、オオカミやキツネといった野生の動物が多数生息していることでも有名です。

また、野生の動物ばかりでなく、100種類以上の植物も生えていることから、トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群地域はとても貴重な動植物の生息地としても知られている場所なのです。

トルコの観光ツアーなどで、世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群へのツアーが紹介されていますので、一度訪れてみることをオススメします。

ヨーロッパ 世界遺産

魅惑の世界遺産イスタンブールへ

イスタンブール、それは西洋の文化と東洋の文化が交じり合い、一つの大きな歴史的文化圏を作っている都市。

トルコ共和国のボスポラス海峡のアジア側の部分とヨーロッパ側の部分の両岸地域が、イスタンブールに該当する。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域は、ヨーロッパの歴史において欠かせない地域なのである。

世界史の中においても華々しく登場するトルコの世界遺産イスタンブール歴史地域は、世界遺産の中でも分類的には文化遺産となていますが、1985年に世界遺産として登録され、名実共にその素晴らしさが後世に残されることになりました。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域はアジアとヨーロッパが接する街でもあることから、古くはローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマントルコ帝国と言う3つの世界にまたがる帝国の首都として栄えていた時期もありました。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域がある場所は、トルコの北西部のイスタンブールにあります。

このイスタンブールは、トルコの中では一番大きな商業都市であります。

東ローマ帝国時代には、コンスタンティノポリス(コンスタンティノープル)という名前でしたが、オスマントルコの首都にもなってからは、今の名称であるイスタンブールという名前となり、絶えず繁栄して来た街でもあります。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域には博物館や教会、モスクや市場などいろいろな魅力あふれる場所がたくさんあります。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域は文明が発祥した場所としても有名な場所でとても歴史が深く、世界遺産として認定された魅力がよくわかる場所です。

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域への海外ツアーは、色々と旅行社において企画されています。

世界中からたくさんの観光客が集まりますが、日本人観光客もトルコの世界遺産イスタンブール歴史地域の魅力に惹かれて、たくさんの人が訪れています。

特にイスタンブールの素晴らしさの一つが、夕暮れのボスポラス海峡から見える夕日の光景だと言われています。

ビザンティン建築の精華が現れたスレイマニエ・モスク、ヴァレンス水道橋やハギア・ソフィア大聖堂など、自然の眺めはもちろんのこと、歴史的建築物も大変素晴らしいものがあります。

東洋と西洋の文化が融合した素晴らしい世界遺産イスタンブール歴史地域に観光旅行してみたいと思います。

ヨーロッパ 世界遺産

ロシアの観光は、サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群で決まり

ロシアには、世界遺産となっている地域や建造物などが、現在、23箇所ほどありますが、中でもサンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群は、1990年に登録がなされ、ロシアの観光地としても大変に人気があるところの一つでもあります。

ロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群について、少し紹介したいと思います。

皆さんは、ロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群に関する写真や、テレビなどでその姿を見たことがあるでしょうか?

もちろん、ネット上でその姿をたくさんの写真で見ることができますが、写真ではあらわしきれない素晴らしさがありますね。

私自身、ロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群へは実際に観光旅行をしたことが無いので、その素晴らしさをうまく表現はできませんが、建物やその地区の偉大さや美しさは、目を見張るものがあるようです。

ロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群というのは、1703年にバールチックの海に臨む町として作られたのが始まりで、その後200年間、ロシア帝国の首都として栄えた場所でもあります。

つまり、ロマノフ王朝の遺産がそこにあるといっても過言ではないかもしれません。

サンクト・ペテルブルグは、ソ連が誕生した場所としても有名ですね。

また、北のベニスというような呼び方もしばしばされていて、運河がとても素敵な場所なのだそうです。

ロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群の街の至る所において、イタリアのベニス同様に運河が流れているので、遊覧船での観光がとても素敵な街なのです。

皆さんは白夜と言うのを知っているかと思いますが、ロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群が百夜の時期にはいると、真白な建物がとても映え、大変に美しい光景を見ることができるのです。

ロシアに観光旅行するなら、この世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群に行くべきでしょう。

海外旅行代理店のツアーには、このロシアの世界遺産サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群を見るためのツアーが大体ありますので、チェックしてみてください。

日本からも多くの観光客がこの地と建造物を見るために訪れていますし、世界各国からもたくさんの方が訪れています。

世界遺産をめぐる観光として、サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群は、はずせないでしょう。

ヨーロッパ 世界遺産

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

フランスには、世界遺産として登録されている建造物は目白押しで、2008年現在で、実に27箇所もあります。

日本の世界遺産となっている建造物や自然が、14箇所であるのと比較してみますと、国土の広さを考えてみますと、いかに多いかが分かるかと思います。

そして、その建造物がキリスト教会の建物が多いことを見ると、フランスにおいて、いかにキリスト教が栄えたかが分かると思います。

そのフランスの世界遺産の一つである、ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿を取り上げてみようと思います。

この世界遺産は、フランスの世界遺産の中でも、大変に長い名前として知られています。

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿において、ランスのノートルダム宮殿ですが、こちらはゴシック様式のとても素敵な大聖堂で、見る人の目を楽しませてくれるとても大きく素晴らしい世界遺産です。

三つの建物の中でも、ノートルダム大聖堂は日本でもなじみの建物だと思います。

そして、ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の中のサン=レミ聖堂というのは、西暦1000年ごろに建てられたといわれているバシリカ式の教会堂です。

ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の最後はトー宮殿ですが、こちらは1498年から1509年ごろに建てられたものです。

この宮殿は、キリスト教の大司教のための家で、今は国立博物館として利用されているとのことです。

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿は、フランスの観光スポットしての世界遺産の中でも、特に人気のあるスポットです。

フランスの世界遺産を見たいと思っている人の多くが、ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の三つの建物を見るために世界中から訪れると言っても過言ではないほどです。

実際、ネット上でフランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿を検索してみますと、たくさんの写真を掲載したサイトが見つかります。

そして、どの写真を見ても、素晴らしい建物であり、素晴らしい遺品であることが伝わって来ます。

現物を見れたなら、もっと感動することでしょう。

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の三つの建物それぞれが、とても趣のある建物であることは言うまでも無く、当時の様式などを十分楽しむことができる世界遺産であることを写真を通してでも十分に分かることでしょう。

フランスの世界遺産であるノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の建物や遺品を見てみたいものです。

フランスの世界遺産を観光するツアーには、かならずノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿は入っていることでしょう。

ヨーロッパ 世界遺産

世界遺産モンサンミシェルは人類の叡智の結晶

世界遺産というのは、世界中にあるわけですが、今回はヨーロッパの代表的な世界遺産を取り上げてみたいと思います。

フランスはバカンスの国として知られていますが、フランスに旅行するなら、世界遺産モンサンミシェルとその湾を観光しておくことを強くオススメします。

なんと言っても素晴らしいですから、、、

フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾というのは、フランスのどこら辺にあるのかと言いますと、北西部にあるノルマンディー地方という場所にあります。

ノルマンディーと聞きますと、戦争映画の好きな人ですと第2次世界大戦を思い浮かべる人もいるかもしれません。

その湾というところは、とても広い範囲にわたる干潟になっていて、その中に突然あらわれ岩山があります。

その岩山の小高い場所に、とても高い塔をもっている修道院モンサンミシェルと、その周りには所狭しと建っている建物があり、これは海上のピラミッドという名前も付けられているくらいのとても特徴ある光景になっています。

フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾は、この建物や岩山、その周りの湾も含めて世界遺産として登録されているのです。

春と秋の毎年二回のシーズンには、フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾の干潟が満潮時に海に沈むようになり、その海に沈んだ光景というのは、大変に素晴らしい絶景といわれています。

この春と秋の2つのシーズンを狙って、フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾を観に行くのがコツであると言えますね。

フランスの世界遺産モンサンミシェルは、天使ミカエルが舞いおりた島とも伝えられていて、奇跡の島という名前も付けられほどの場所です。

中世時代から今日に至るまで、たくさんの巡礼者が来られています。

キリスト教信者ならずとも、モンサンミシェルの素晴らしさを楽し見たいものです。

フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾の素晴らしさは、写真で見ても素晴らしいのがわかりますが、やはり実際に見てこそ、世界遺産にふさわしいとより強く感じると思います。

自然と建物の絶妙な光景を目の当たりにした時の素晴らしさは、来訪者の心を掴んで離しません。

そのおかげか、今も多くの人が毎年訪れているのです。

本当に、フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾の魅力は、一言で語り尽くせないのです。

フランスには世界遺産となっているところは全部で27ありますが、このモンサンミシェルとその湾は特に代表的な世界遺産ではないでしょうか?

フランスに旅行へ行くなら、ぜひ訪問してみてください。

本当に素晴らしいですから。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。