国内有名温泉地

北海道の最後の夜は登別温泉で、、、

自然が広がる北海道、北海道へ温泉旅行に出かけるとしたら、あなたはどこへ行きますか?

北海道の温泉地と言いますと、東から屈斜路湖・摩周湖温泉、十勝川温泉、層雲峡温泉、登別温泉、洞爺湖温泉、ニセコ温泉、湯の川温泉など、代表的な温泉が上がります。

どの温泉地も温泉を楽しむには十分なところでして、北海道の広い自然や食べ物と合わせて十分に満足できる温泉旅行が出来ると思います。

その中でも北海道の温泉ランキングの一位として上げられるのが登別温泉ですね。

登別温泉の良いところの一つは、新千歳空港やJR札幌駅などからアクセスが便利だということです。

そして、一年中観光客が訪れるのと同時に地元の人達にも親しまれています。

大手旅行会社の北海道旅行のツアーを見ますと、北海道を三日間や四日間で周遊するコースが多いですよね。

登別温泉は、そういうツアーのコースにだいたい入っているのです。

そして、広い北海道を廻って旅の疲れを最終日に癒すのに、登別温泉を利用しての宿泊をするという企画が自然と人気が集まるのだそうです。

登別温泉の泉質は、食塩泉.硫黄泉.重曹泉.酸性泉.明礬泉.緑礬泉.石膏泉.芒硝泉.鉄泉の9種類(登別観光協会のウェブページより)だそうで、効能は冷え性や糖尿病、運動器障害、更年期障害、発育不全、神経症などに良いそうです。

登別温泉のお勧め温泉宿は、第一滝本館登別石水亭でしょう。

第一滝本館には、温泉天国と呼ばれる7つの泉質を楽しむお風呂があります。

湯踊ダンス会が開催されるなど、旅の疲れを癒すと共に楽しいひと時を過ごすことが出来、北海道の最後の夜の思い出になると思います。

料理についても季節ごとのお勧め食事プラン、宿泊プランも多種多様にあって充実しています。

登別石水亭をお薦めとする理由は、登別の大自然を温泉に浸かりながら満喫することができる空中大浴場があることです。

登別の温泉宿は旅行者向けプランばかりではなく、日帰り入浴のプランもあるのです。

日帰りでも食事つきのプランもありますから、極上の一日を過ごすことができるのではないでしょうか?

登別には有名な熊牧場がありますから、ご夫婦・カップルにも良いですし、おじいちゃん・おばあちゃん家族皆で楽しむことができます。

北海道の冬は厳しいですが、湯煙の上がる秋から冬の登別では、雪景色の中、温かい温泉で疲れをとるのに丁度適しています。

そんな雪景色を見ながら、春の桜が咲く頃を待ちわびるというのも如何でしょうか?

春の桜が満開になっているのを眺めながら温泉に浸かる、これも特上の贅沢でしょう。

北海道を旅行するのに季節を選ぶ必要はないです。

そして、北海道の最後の夜として、登別温泉に立ち寄って疲れを癒し明日の活力としては如何ですか?

国内有名温泉地

北海道は道東に旅行するなら川湯温泉で、、、

日本のどこかを旅行したいとして地名を上げるとするならば、まずベスト3に入ってくる地が北海道ですね。

南が沖縄で北が北海道。

北海道はとても広く、一週間かけても十分に楽しめ無いかも知れないです。

なので、場所を絞りたいですね。

北海道でお勧めしたいは、摩周湖や屈斜路湖のふもとにある川湯温泉です。

温泉通の人なら誰でも知っている川湯温泉なのですが、全国区ではもう一つなのです。

その川湯温泉なのですが、泉質は硫黄泉。

川湯温泉のすごいのは、どこを掘っても温泉が湧き出てくるところです。

北海道を代表する情緒豊かな湯煙の立つ温泉街でもあります。

川湯温泉は弟子屈というところにあり、北海道にあるたくさんの温泉の中でもより自然に囲まれていまして、温泉街からちょっとでますとただ自然が広がるだけです。

そこがまた良いところでもあり、自然の中にある川湯温泉の一番の特徴と言えると思います。

例年、12月20日からダイヤモンドダストIN KAWAYUという素敵なイルミネージョンが温泉地を彩ります。

川湯温泉には川湯温泉街とJR川湯温泉駅の2箇所に無料の足湯がありますので、足湯好きの人におすすめしたいです。

川湯温泉街は10軒以上の旅館・宿・ホテルがあり日帰り入浴ができますので、宿の温泉はしごをしてみるのも楽しいでしょう。

また、川湯温泉のある弟子屈は不滅の名横綱とたたえられる第48代横綱大鵬の出身地でもあり、相撲記念館がありますのでぜひ立ち寄りたいところです。

川湯温泉へのアクセスは、女満別空港や釧路空港、中標津空港からJRとタクシーを乗り継いで行くのが良いです。

北海道の道東は冬の来るのが早いので、11月には道路の通行止めの箇所が出て来ますので、クルマでの移動には注意が必要です。

硫黄山や摩周湖、屈斜路湖をはじめとして周りにはたくさんの観光名所がありますので、入浴はもちろんのことじっくりと北海道を楽しみたいものです。

夏には、夏休みのほとんどの時期に源泉まつりが行われ、縁日を楽しめますので家族で行くのも良いですね。

川湯温泉の近くの摩周湖、屈斜路湖にも温泉がありますので、それぞれで宿泊しながら北海道の道東の温泉巡りをするのも楽しいでしょう。

北海道の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)

国内有名温泉地

北海道の温泉を楽しむ

夏の北海道は、梅雨のシーズンと秋が一番ですね。

特に8月のお盆前後の北海道は、北海道の味を楽しむ人にとっては、物足りない時期です。

そして、9月に入り秋の心地良い風に吹かれる頃が、北海道の味を楽しむ時期に入ります。

北海道の秋は短いですが、この短い秋が一番過ごし易いかもしれませんね。

大抵、北海道に旅行しようと思う人は、緑一色やラベンダー畑の紫の平原を思い浮かべることでしょう。

北海道への旅行パンフレットを見ても、そういった写真が一面を飾ります。

しかし、北海道の温泉もお勧めしたいところがたくさんあります。

日本の最北端にある北海道ですから、気候は寒いです。

それゆえ、温泉は地元の人達も好んで入りますので、北海道に住む人達と親しく楽しむなら、温泉に入るのが一番だとも言えます。

そんな北海道の温泉の中で、一番人気の温泉は、やはり登別温泉ですね。

登別温泉の楽しみは、温泉以外では熊牧場です。

北海道旅行ツアーの中には、大抵組み込まれています。

函館からも札幌からもアクセスが良いところが、人気の秘密とも言えます。

北海道の動物と言えば、キタキツネとともにヒグマですものね。

そして、二番人気は、有珠山と昭和新山の近くの洞爺湖温泉となります。

冬場、北海道はとても寒く雪も多いですが、ここ洞爺湖温泉は、雪も少なく素晴らしい景色を眺めながら入浴ができるので、冬の北海道を楽しむ方にお勧めです。

それから、札幌から近い定山渓温泉や、北海道の自然を楽しむ第一候補の大雪山連邦の層雲峡温泉など、北海道の温泉をじっくり楽しめます。

その他では、スキーで北海道に行くならニセコ温泉郷も良いですね。

函館空港から近い湯の川温泉も人気のスポットです。

阿寒湖温泉、ウトロ温泉、帯広にある十勝川温泉、川湯温泉など、広い北海道にはたくさんの温泉地があります。

北海道は温泉の宝庫ですね。

北海道の味を楽しむなら短い夏が一番ですが、冬の寒い季節でも、北海道の自然を味わえる温泉地があり、雄大さを味わえることでしょう。

北海道のスキーを楽しむと同時に、あちこちの温泉めぐりをして見ると、その楽しみが倍増することでしょう。

ちなみ、北海道の温泉の効能ですが、皮膚病に効く温泉、糖尿病に効く温泉など、さまざまありますから、身体の症状と相談して温泉地を決めてみるのも良いですね。

美人の湯として有名な十勝川温泉もありますから、美肌を目指すなら、お勧めの温泉地ですね。

北海道の冬の自然を楽しみながらの温泉も素敵ですし、秋の北海道の味を楽しんで、温泉三昧と言うのも日ごろの疲れをしっかりと取ってくれることでしょう。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。